新人研修のご案内

ライズプランニング独自の研修システム

当社の研修のポイントとしては、ネット上で行っています。
講師は、現役のディレクターです。

講師であるディレクターから、メールで課題を送りますのでそれについて回答をしていただきます。
弊社所属のディレクターたちが、仕事の合間を縫って、指導に当たります。
メールでやりとりしていただきますので、空いた時間を使うことができます。
ただ、課題に対して回答するだけではなくて、現役のディレクターと、直接やりとりしてもらうことで、みなさんが抱えている、仕事への不安や、イメージできない職場環境や人間関係についても、質問していただけます。
みなさんが配属される場所は、ディレクターとは別かもしれませんが、ベテランのディレクターも、ADを経験し、ADとして初めて配属された日のことは明確に覚えていますから、自分の経験を踏まえて、教えてくれます。

また、先輩とメールでやりとりすることで、自然に、目上の人への配慮ができるようになります。

仕事の場での、ディレクターたちは、時には鬼のように怒鳴るし、怒るこわ~い存在ですが、本当の性格は真面目で根はやさしいんです。
直接顔を合わせることはないかもしれませんが、みなさんが、テレビ業界で活躍してくれることを、先輩たちは願っています。

仕事場では、どう気を回せばいいのか、少し言い回しを工夫することが身を助けます。
また、周りへ報告する、連絡する、相談する、と自分から発信することが多い仕事です。
どう伝えると相手がきちんと受け止めてくれるのか。

仕事の基本の「き」を身につけてもらう研修となっています。

番組の配属が決まったら、番組の特長によって、研修をオーダーメイドで組み立てていきます。
最低限これだけは知っておいてほしい、アシスタントディレクターの動きや用語について。
弊社は報道や情報番組への派遣が多いので、基本となる新聞の読み方。
インターネットでの検索の仕方などの研修もしています。

ライズプランニングの新卒研修について

新卒向けの研修のテーマは、2つあります。

一つは『情報を収集する』こと。もう一つは『書くこと』です。

学生の皆さんは、情報収集はネットで行っているでしょう。
検索してトップに出てきたページを見ている方が多いと思いますが、その情報が正しいのか?正しくないのか?を疑って、関連記事や書籍まであたる人はいないと思います。
ネットでの情報は匿名が多く、その情報の出所がはっきりしていないものが多くあります。
最近のキュレーションサイトが閉鎖されたことも記憶に新しいですが、引用が多く、出所も不確かなあやふやな情報に翻弄されたことはないでしょうか?
テレビで流している情報については、正しくなければなりませんし、出所がはっきりしていなくてはなりません。

その情報収集のやり方について、学ぶところからスタートします。
手間もかかります。ですが、その基本を理解し、自分で使いこなせるようにならなければ、テレビ制作はできません。
そして、集めた情報を、自分の思い描く企画にしたてていくには、相手に伝わる文章が書けなければなりません。皆さんは大学のレポートや論文で文章を書くことに慣れていることでしょうが、それは、すでに出版されていたり、発表されていたりしているものの寄せ集めになっていませんか?自分の想いを自分の言葉で書く。相手に思いを伝えるように書く。自分の言葉でもって表現しなければ、相手には伝わらないのです。自分の熱量を表現するのに、文章のうまい、下手というのはありませんが、熱い思いをそのままぶつけてしまっては、相手には伝わりません。
撮影のやり方、編集の仕方というのは、技術的なことであって、実際に自分で機材に触れることで身についていきます。
情報の集め方、考え方、書き方というのは、基本中の基本で、私たちの会社では、ここから研修をスタートしています。

具体的な研修の内容

研修内容その1

弊社に所属している全国のディレクターとマンツーマンで課題のやり取りをメールで行います。
担当ディレクターから課題が送られてきますので、設定した期日内に回答を返信していただきます。
課題は10あります。
日本語の基本となる「てにをは」「尊敬語」などが使いこなせているかどうか、自分の好みや考えを相手への押しつけになっていないか、みなさんの経験や日常生活、住んでいる地域からどうやって企画のヒントを拾い集めるのか、など、10の課題を通して発見していきます。それぞれ、正解はありませんし、皆さんの能力を判断するものではありません。
2016年度の新卒の方々からは、

  • 「論文やレポートで慣れていたつもりでも、表現する難しさがあった」
  • 「普段つかっている言葉を意識したことがなかった」
  • 「テレビの表現は自分が思っていたよりも細かいことを知った」

など伺っています。
なにより、現役のディレクターとのやりとりが楽しいと言ってくれています。
ディレクターたちは、仕事や家庭の隙間の時間を工夫して、解答していますが、ディレクターたちも研修を楽しんでいます。
楽しみながら、情報の集め方、伝え方の基本の「き」を身に着けていきます。

研修内容その2

課題本を読んで、内容をまとめていただきます。
課題本は毎年、3冊以上を選んでいます。例えば2016年度の課題本は、

  • 「情報を活かす力」池上彰 著 (PHPビジネス新書)
  • 「池上彰の憲法入門」池上彰 著(ちくまプリマー新書)
  • 「それでもテレビは終わらない」(岩波ブックレット)

「情報を活かす力」は情報収集の基本です。池上さんほどの解説者であっても、日々地道に情報収集を行っています。そして、その方法というのは、これほどのネット社会であっても以前と変わりません。ということは、これからも変わらないということです。
日々の積み上げ以上の成果というのは、ありえないことです。
情報収集の基本を知り、毎日積み重ねていく。それを習慣化することが必要なのです。

「池上彰の憲法入門」は、ディレクターたちからの意見で「日本国憲法」については触れておいたほうがいい、とのことで選びました。
確かに、憲法について、今、問いただされていますが、憲法を読んだことがあるという人はあまりいないんじゃないかと思います。
憲法は、日本を語るうえで、そして知るうえで、必要なものです。ましてや憲法改正が問われている今、もともとの憲法を知らずして、報道はできません。
読みやすさで選んだら、これもまた池上さんの著作でした。

研修内容その3

3つ目は新聞のスクラップを作ります。
10日間以上、毎日、新聞を読み、気になった記事をスクラップしていきます。
家で新聞を取っていない、新聞を読まないという学生の方、多いです。
テレビの制作の基本は、情報を集めるところから。
新聞は主だった情報源です。
新聞に親しみ、どのページにどんな記事があるのか?どうやって読むのか?大事なニュースはどこにあるのかを知ることから始まります。
そして、新聞というのはどんな記事がどういう風に書かれているのかを実際に読んで感じてもらいます。
新聞を読む、スクラップを作る方法については、上記にあげた「情報を活かす力」にも書かれていますので参考にしながら作ります。

研修内容その4
そのほか、実際に仕事場の見学や弊社ディレクターとの面談を積極的に行っております。社会人としての基本である、あいさつやマナーについての実技研修も行います。

研修スケジュールの例

研修スケジュールは下記のようなイメージです。

  • 7月~10月:職場見学 (1日程度)
  • 9月~12月:メールでの課題研修 (全10回)
  • 1月:課題本を読む
  • 1月後半~2月:新聞スクラップを作成する
  • 2月後半:社会人準備研修

お問い合わせ・ご相談・応募

03-5547-4701