アシスタントディレクター

アシスタントディレクター

アシスタントディレクターは、その名のごとく、ディレクターのアシスタントです。ディレクターは、ロケ、編集、そして、ナレーション効果音入れなど、番組ができるまでのすべてをやるわけですから、アシスタントは、そのすべての補助となります。ロケ先の調査、ロケ先の出演交渉、ロケの段取り、ロケ時の弁当の手配、そして、編集での補助、ナレーション入れのための事実確認調査など、あらゆることをやります。 こうした、細かな段取りを何回もディレクターの下で繰り返すことで、ディレクターの仕事を体で実感していきます。そうして、ディレクターへとなって行くのです。

当社では、独自の研修システムで、3年から4年くらいで、ディレクターとしての仕事を始めるようになるのが標準的です。

年齢:目安は25歳くらいまでといわれますが、当社では30歳前後の新人のADさんも就業しています。新卒、転職組など、やる気があれば構いません。

ライズプランニングでのアシスタントディレクター研修内容

  • 導入セミナー:テレビ業界の仕組みとスタッフの役割
  • 導入セミナー:テレビ番組詳細論-その就業する番組イメージで
  • ロケ調査研修
  • ロケ編集テープ研修
  • AD番組の考え方研修
  • ADからDへの研修
  • ほか多数
  • ロケ現場研修
  • MA研修
  • AD企画提案研修

その他多数

お問い合わせ・ご相談・応募

03-5547-4701